犬の病気に備えよう|元気なわんわん育成法を知る

注意が必要です

近年では、以前と比べてペットを飼う人が多くなっている傾向にあります。その中でも特に人気が高いのが犬です。犬には小型犬から大型犬まで多くの種類がいます。人の好みに合った犬種を飼うことも、犬を飼う上での楽しみ方のひとつになります。犬を飼う上で、注意しなければいけないことがあります。それは病気です。人間同様、犬も動物なので病気にかかってしまいます。病気にならないように、しっかりと予防を行なうようにしましょう。病気にならないための主な予防策として挙げられるのが、定期的な運動と毎日の食事、そして風呂などの手入れです。これらを守ることで、犬はすくすくと成長し病気になりにくい体になります。特に風呂には定期的に入れてあげるようにしましょう。犬の病気の中で最も多いと言われているのがアトピー性皮膚炎などの皮膚病です。アトピー性皮膚炎は、犬の皮膚上についたダニやカビ、ハウスダストが原因で引き起こされる病気です。人間に起こる皮膚病と同じように、大きな痒みを帯びてしまいますので、犬にとっても大きな負担になります。かわいい愛犬のためにも、定期的に風呂にいれてあげるようにしましょう。

犬の病気の中で一番死亡率が高いと言われているのが、ガンです。死亡率が高い原因は、発見の遅れが主に挙げられます。人間と違って話すことが出来ないので、犬の体調の変化に気づきにくく、発見が遅れてしまうという事例が多く見られます。愛犬の体調が悪そうに感じたときには、すぐに病院で診てもらいましょう。ガンになってしまうと、犬に抗ガン剤を打たなければいけないので、犬にとって大きな負担になってしまいます。愛犬のためにも、最善の努力を尽くしましょう。